スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--日 スポンサー広告 こめんと- とらっくばっく-

トラウマになった幼少期の思い出

ブログのテンプレートを拝借した、misticdiaryさんのページ。
素敵です!ちょっとコワキモはすきなので、怖い絵など
じっくり読ませていただきました!

そこで自分の中の、気持ち悪いもの、怖いもの、シュールなもの好きな部分を掘り返してみたくなりました。

まず思い出したのは、ポンキッキの歌です。(それもすごいが)
絶対に20台後半から20台前半の方ならこれで育ったはずですよね。

しかし思い返しても結構トラウマになりそうな衝撃的な作品がチラホラ。

どうしても忘れられない、奇妙な2作品。

「かぜひいてねんね」
映像はこちら↓
http://yoneyama.blog.so-net.ne.jp/2006-01-18-2a

これは20何年ぶりに見ましたけど、ざわざわ~っと鳥肌たちました。
これだぁ!!となったのが、
最初に出てくる、巨顔の年寄りの鳥。杖をついてヨロヨロっと。
そして途中では大きく深呼吸。疲れたの?笑

途中で出てくる、ピエロ顔の虫(最強タッグ)が幕引きする場面。
なんともいえない表情て、ぎこちなくなぜ幕を引く?

これはトラウマのように5年に1度くらい、何かの拍子に頭にフラッシュバックするんです。

そして、一番怖いのは顔のベッド!とそれを押すタキシード?のおじいさん。
意味不明すぎて、本当に気持ちが悪いけど、なんか悲しい。どうしてでしょうか。

20年ぶりに思い出した、当時の感情は

隣のけんちゃんがかぜひいて、ネンネしていて遊べないというのは
多分おかあさんから言い聞かせられたうそで、
本当はけんちゃんはすでにこの世にいないことを
ボクは知りながら、知らないふりをして、一人でブランコに乗っている


我ながら、暗くて寂しい考察。
子供には全部分かってるんだもんね。



「ごあいさつのうた」
http://www.youtube.com/watch?v=jb54Qwa7Bnc

これはねんねよりはぜんぜんライトで明るいですが、
不気味な動物キャラクターと不協和音のような
アルフィーの歌が、子供ながらにひきつけられました。

だから今でもアルフィーの歌に変な反応をしてしまうのか!?笑
感情をぬきで、体が反応する感じ・・・

2作品に共通するのは

*きもちわるいキャラクターと忘れられない歌
そして

北田てつや

ねんねの衝撃的な絵を描き、
ごあいさつのうたの作詞をする。

すごい才能!というか怖い。。。


それからは
クリスマスキャロルやミイラの作り方の絵本、中学、高校時代は芸術にはまっており
正統派のボッティチェリ、ガロ、ベラスケスとやっぱりどんどん怪しい方向へ。
ダリ、マグリット、、、

これは絶対にポンキッキで育てられた奇妙、不可解に弾かれるという特性でしょうね。

そういえば、ピエロにも一時はまってピエログッズを収集していたな。

スポンサーサイト
2010年29日 日記 こめんと0 とらっくばっく0
  

プロフィール

かお ちゃん

Author:かお ちゃん
What you eat is who you are!

おいしく、ヘルシーな、エスニックレシピ満載です。
おいしいものをたくさん食べてHappyになりましょう!

Soul foodのレシピもあります!

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

Since Aug 6th 2011

検索フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。