スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--日 スポンサー広告 こめんと- とらっくばっく-

ゴーヤの苦くない料理法


暖かくなってきましたね!
日も延びて、毎日うれしい!

久々にゴーヤチャンプルーが食べたくて、
作ってみました。

みなさん、ゴーヤ、どのように処理してますか?
わたをきれいにとる、水にさらす、
塩揉みする、、、

私はずっとそのように悪戦苦闘し、
最近は、熟れたゴーヤを選び、
わたをとって、
高温でさっと炒めるのが、
一番だ!と思っていました。

しかし、最近、インドではゴーヤは
むしろわたを食べるという事を知り、
驚きました!

むむむ。

では、やってみるかー!

ということで、ゴーヤを輪切りに、
種もそのままで、炒めて、、、

恐々試食。

今までで、一番ニガクナイ!!

なんでなんでー!!(笑)

いろんな情報番組に騙されてたわ。

ちなみに、写真のチャンプルーは
ゴーヤ、豆腐、卵、ねぎ、
かき菜、かつおぶしに、
醤油、みりんの味付けです。

卵は平飼、有精卵。
全然違う。
一個の中身がずっしり、黄身は白くて、
ふわふわ!
二個使う料理も一個で十分!

しかし、かなりシンプルなのに、
今までで一番おいしかったー!

あ、種は出しました(笑)

しかし、めから鱗。
今までの、わた取りの
面倒くささから開放されて、
今年の夏はヘビロテ決定だな!

スポンサーサイト
2014年10日 日本料理 こめんと0 とらっくばっく0

手作りレシピ Vegan「つけてみそかけてみそ」

KIMG1519_convert_20140320122147.jpg

つけてみそかけてみそをご存知でしょうか?笑

名古屋に引っ越して、
名古屋の味噌文化には驚きました。

味噌カツ、串かつにみそ、エビフライにも味噌、
味噌煮込みうどん、、、、

最初は、甘しょっぱい濃厚さに、
無理!と思いましたが、

私、ファーストコンタクトでだめだと思っても、
克服するタイプで(笑)

名古屋人の冷蔵庫には絶対入っているといわれる、
つけてみそかけてみそを購入し、
めでたく一本使い切りました!(笑)

赤だし味噌汁も苦手でしたが、
今ではその美味しさも理解できるようになりました。

克服したぞ~!!

でも、つけてみその2本目を買う気にはならず。
結構量多いし、残念ながら、
化学調味料のアミノ酸や動物性だしが入っています。

やはり自分で作れば安心安全ですね
自分でまたまた作ってみましたよ~☆

VEGAN「つけてみそかけてみそ」


<材料> 作りやすい量
赤味噌        大さじ5
アガヴェシロップ   大さじ4
ごま         小さじ1
干ししいたけのだし  大さじ3
酒粕         小さじ1
ごま油        小さじ1

<作り方>
上記材料をミキサーで良く混ぜる

以上です。

個人的にごまが大好きなので、ごまたっぷりめです。
こちらは調節してくださいね。

また、オリジナルに近く作っているので
甘みが強めです。こちらも大さじ1から
少しずつ味見して、お好きな甘さに調節してくださいね!

もちろん、ミキサーなくても、
クルクルまぜまぜすればできます。
その時は、半分くらいの材料でも可能ですよ!

酒粕だけ、解けにくいので
あらかじめ、だしの中にみじん切りしたのをつけておいて、
泡だて器で良く混ぜておくといいと思います。

皆さんも是非お試しください!
ランキング参加中です!楽しんでいただけたらクリックお願いします!!
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へにほんブログ村 料理ブログ ローフードへ




2014年20日 日本料理 こめんと0 とらっくばっく0

しょうゆ麹にハマって

KIMG0796_convert_20130625000554.jpg

以前ブログでいまさらながら塩麹がマイブームと
お話しましたが、その後、しょうゆ麹も自作しました。
これが、予想以上にとっても美味しく出来たのです!

私、実はあまりしょうゆが好きでないのですね。
たとえば冷奴にしょうゆじゃなくて、塩がいいとか、
うどんのかけつゆもしょうゆの効いただしじゃなく、
塩っぽい、讃岐うどんのだしみたいな関西風がいいとか。

とにかく、あまりしょうゆの風味が好きでないのです。

しかしながら、しょうゆ麹に出会ってビビッときました!(古い)
しょうゆにある、とがった塩味がなく、甘みがでて、
うまみがグ~ンとひき出ていて、
言うなれば、アミノ酸の宝石箱や~って感じで・・・・陳腐ですな。汗

作り方は麹:しょうゆが1:1でまず作りました。
そうすると、液体が少なく、麹部分がどっさりです。

使い方は、基本普通のしょうゆの代わりに使うでOKです。
ただ、酵素が生きているのであまり煮物などの加熱料理に
じゃぶじゃぶ使うのはかなりもったいないと思います。

お勧めの使い方はこんな感じです。

冷奴にオリーブオイル+しょうゆ麹
野菜の即席漬け(塩もみした野菜にしょうゆ麹をプラス)
讃岐うどんのたれ

麹部分だけ残った場合は、
チャーハンの味付け
和風パスタの味付け
肉、魚料理の下味などに使います。
あとは、なんにもおかずがないときは、白いご飯にかけて!
かなり貧乏飯のような、実は贅沢飯のような、、、笑

本当に、これからの人生、しょうゆを買ったら麹でリメイクです。

しょうゆ麹一回分はあっという間に終わってしまい、
反省点は、液体部分が少なく、麹ばかり残る点。

液体部分が沢山欲しいと思い、2回目は
400gの麹に1リットルの無添加生醤油で仕込みました。
こちらもうまみがぐ~ん!と濃縮されて、
もう普通のおしょうゆが使えないくらいです!

本当に出来上がるまでわくわく楽しいのも、いいところですよね。

現在、梅の酵素ジュースを仕込んでおります。
次回はそのレポートをお伝えできるかな~???
乞うご期待!



ランキング参加中です!楽しんでいただけたらクリックお願いします!!

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へにほんブログ村 料理ブログ リビングフードへ

いまさらながら塩麹 レシピ盛りだくさん!

KIMG0785_convert_20130403141349.jpg

塩麹ブーム、今、私のところでは遅ればせながらMAXです!!

巷では昨年TVなどの影響で流行していましたよね。
実は私も昨年自分で塩麹を作ってまでブームに乗ったつもりだったのですが、
その際、なんと熟成して完璧な状態の塩麹をどさっとシンクに捨ててしまったのです。。。

今考えるとありえない行動。

しかし、昨年は結構100%に近いベジタリアンの時期であり、
塩麹の生きる魚や、肉料理を全くしなかったので使わなかったんです。

そして、今思えばそのとき妊娠中
あの塩麹のにおいがあまりにも受け付けない匂いだったのです。。。

それから実家へ里帰り出産&育児のなかで、近所のスーパーで
見切り品の塩麹と再会。
そして塩麹の素晴らしさに開眼したのでした。
この冬は何袋塩麹をリピ買いしたことか・・・。

ふと、こんなに使うのならば作ったほうが全然経済的じゃんと、
作ってみました、2度目の塩麹。

使ったのは「みやここうじ」という乾燥麹。
けっこうスーパーでも見かけるのがこちらです。
http://www.isesou.co.jp/index.shtml
しろい菌糸にまみれたテンペっぽいみかけのこれを
温水+塩で戻しつつ、約一週間かけて塩麹をつくるのです。

しっかり戻さないと、麹が硬くて、芯のある感じになってしまうので
注意が必要です。

さて、作り方は伊勢さんのHPを見ていただくとして、
どう使うかなのです。

これが、本当に簡単で、食材が何倍も美味しくなる、
ミラクルとしか言いようのない結果をもたらしてくれるのです☆

肉食は全然お勧めしはしないですと最初に言っておきますね(汗)
現在私は実家におり、親は一般的な人なので(笑)私も週に数回魚や肉を食べます。

その際にすべてと言っていいほど、2時間以上、または一晩塩麹に漬けて調理するのです。
すると、びっくりするほど、ふっくらと、しっとりと、臭みがなく、ほんのり塩味のついた
美味しい味に変化するんです。

これは麹が生きていくために、自分で酵素をだして、
たんぱく質や炭水化物をアミノ酸に変えて、それを食べて増殖する、
そのお力を拝借しているからなのです。

おいしいと感じるのはアミノ酸というのはご存知でしょうか?
レトルト食品などには絶対に合成されたアミノ酸(味の素とか)が入って、
おいしくないものも、舌が美味しく感じるよう操作されています。

そんな体に良くない合成アミノ酸を取るよりも、
麹さんが一生懸命つくってくれたアミノ酸で何倍も美味しく
食事を取りたいものです。

ではこの冬我が家の食卓を盛り上げた塩麹料理をご紹介しましょう!

*生鮭の塩麹焼き
→生鮭の切り身に一晩塩麹を刷り込むだけで、2度と塩鮭を買う気が
なくなるようなふっくらしっとりの鮭が焼け、ご飯おかわり必須

*さわらの塩麹焼き
→春の味覚ですね!作り方は鮭と同じ

*塩麹親子丼
→小さく切った鶏ももに塩麹を刷り込み、一晩寝かせ、しょうゆの量を
半分にして、通常通り親子丼を作る。
塩麹は鶏肉を驚くほど柔らかく、臭みをとってくれます。
鍋物用にも、同様の下準備をお勧めします。

*塩麹鶏から
→めんどうになってきた(笑)
切った鶏ももをビニール袋に入れ、塩麹、すりおろしにんにく、しょうが、
黒こしょう、みりん、しょうゆ少々を入れてもみもみ。
1時間ほど経ったら、片栗粉を入れて、ふりふり。
フライパンで皮目から大目の油で揚げ焼きする。

*白菜と豚肉の塩麹ミルフィーユ鍋
→結構王道な鍋ですけれど、この豚肉に一晩塩麹マジックをかけてから、
白菜、豚の層を何十にも作って、うえからお酒をカップ半くらい加え
最初は中火、沸いたらとろ火でひたすら煮るのみ。
これは本当にシンプルで美味しく、週1くらいでこの冬はいただきました。
大根スライスをついかしてもおいしいです。

このように、普通にある家庭料理に一手間加えるのみで、
本当に美味しくなるのです!

うちでは、魚、肉をかったらすぐに塩麹につけるのが習慣となっています。

現在、しょうゆ麹を仕込み中。
できたら、ご報告しますね!
KIMG0796_convert_20130403141446.jpg
ルッコラのお花と、仕込んだばかりのしょうゆ麹さん。

是非お試しください!



ランキング参加中です!楽しんでいただけたらクリックお願いします!!

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へにほんブログ村 料理ブログ リビングフードへ




ご飯がすすむ!ちりめん山椒ふりかけ

KIMG0737_convert_20130328113339.jpg


実家生活のなかで、まず自分の買わないものが食卓に上がります。
そのひとつが、ふりかけ。

ふりかけかけてまでご飯を食べたいと思わない私。
でも、3食きちんと食べないとだめな両親の朝食には
ソフトタイプのちりめんふりかけが良く登場していました。

でも、ふりかけって、ソフトタイプはまだましなほうですが、
添加物と、加工食品のオンパレード!
こんなものを長期間接種していたら体に良くないよ!!
と市販のちりめん山椒ふりかけを真似て作ってみました。

もちろんソフトタイプのふりかけの何倍も美味しく、
安心、安全で、ごはんも超進んじゃう!

その上、捨てる人の多い大根葉やカブの葉っぱでつくります☆

ちりめん山椒ふりかけ 1カップ分くらい

<材料> 
大根葉 またはカブ、かき菜など カップ2
ちりめん、シラスなど      カップ半分
白胡麻             大さじ2
みりん             大さじ2
しょうゆ            大さじ1
さんしょう           粉を小さじ半分程度
ごま油             大さじ1

<作り方>
①フライパンにごま油を熱し、ちりめんをかりっとするまでいためる
②①はお皿にとり、フライパンに大根葉を入れ強火で5分ほどいためる
③水分が飛びぱらっとしてきたら白胡麻、調味料を入れいためる
④最後にちりめんを戻しさっと混ぜ、味を調えできあがり

ご飯が何杯もいけちゃう、うれしいようなかなしいような?!
ミラクルふりかけですよ!

さんしょうはマストです。
山椒に含まれる成分が、食欲増進させ、うまみを感じさせるので
ミル付きのボトルで販売しているものをお勧めします~。

是非お試しください!



ランキング参加中です!楽しんでいただけたらクリックお願いします!!

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へにほんブログ村 料理ブログ リビングフードへ

  

プロフィール

かお ちゃん

Author:かお ちゃん
What you eat is who you are!

おいしく、ヘルシーな、エスニックレシピ満載です。
おいしいものをたくさん食べてHappyになりましょう!

Soul foodのレシピもあります!

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

Since Aug 6th 2011

検索フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。