スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--日 スポンサー広告 こめんと- とらっくばっく-

Curry Mee カリーミー from マレーシア

mee

3連休前半は涼しかったのもあり、パン焼きにはまっていましたが、
連休中盤はまた夏を感じさせる暑さが戻り、アジアン熱が再燃。

中華卵麺がたくさんあるので、何かこれを使った麺をつくろうかな。。。
CIMG1420_convert_20101011202330.jpg


ところでこの麺、一玉がとても小さいので2玉くらい食べれそうと思ったら
大間違いで、一玉で100gなので十分です。
あわてず2玉一人分にしませんように!(自分がしたので・・汗)

マレーシアのペナンのベジタリアン屋台で食べた、Curry mee(カレーミー)という
カレー麺がとても美味しく、是非自分でも作ってみたいと思い、
いつもごとくレシピ検索・・・・。

どうもマレーシア料理は、安いから自分で作る人はあまりいない?ようで
日本語のレシピはどこにも載っていませんでした。ある意味すごい!!
私が初のカレーミーレシピ掲載者になるのか!?

それにしても、色々な味がある中で今回出来たのは、
かなりマイルドで食べやすい、ちょっとラクサっぽくもあり、タイのイエローカレー
のようでもあるそんなカレーミーです。

以下レシピです。
肉、魚介についてはお好みのものをご使用ください。
私は今回、ベジミート(大豆肉)を使用。


材料2人分

A
エシャロットまたはホムデン(あかわけぎ) 6個
レモングラス生               半本
新しょうが                  ひとかけら
にんにく                   ひとかけら
パクチー                   一掴み
カピまたは乾燥海老を戻したもの    大さじ1
パームシュガー(ブランシュガーでもOK) 大さじ1
レッドペッパー               辛さはお好み
ターメリックパウダー            小さじ1
カレーパウダー               小さじ2
カレーリーフ                 一つまみ


B
ココナツミルク                1カップ
チキンスープ                 1カップ
ベジミート(熱いチキンスープで戻す)   適量
海老、シーフードミックス、鶏肉がお勧めです。

卵麺(普通の中華麺や、米の麺、そうめんでも代用可) 2玉

砂糖 適量
塩 適量
ナンプラー 適量
レタス、もやしなど

<作り方>
1、Aをフードプロセッサーで滑らかになるまでミックスする
2、オイルで1を香りが出るまで炒める
3、Bを加え、30分ほど弱火で煮込む
4、砂糖、塩、ナンプラーでお好みに味付けする
5、卵麺2こを沸騰したお湯で2分半茹でる(固め)
6、麺をどんぶりにわけ、スープをそそぐ
7、レタス、もやし、レモンなどお好みのトッピングを添えてできあがり!
辛いのがお好きな方は、チリインオイルを別途作って、加えると本場の味になります。

即席チリインオイルは
*ホムデン、にんにく、生唐辛子、塩をフードプロセッサーにかけたものを
サラダオイルで熱して炒めて。アジアの食べるラー油みたいなもんですね☆


私がペナンで食べたのは、ベジタリアンだったので、海老とか、ナンプラーとか
そういった動物性のものも使われていなかったと思うけど、すっごいコクがあって美味しかったです。

レモングラスが入っていることで、ちょっとタイ料理のような風味も感じたり、
カピが入っていることで独特の生臭さというか海老のアミノ酸で
ラクサのようなコクが感じられるのかも。。。
コクのあるスープを飲み干すと、額には汗がじっとり。

マレーシアの夏休みを思い出しました!
是非是非おためしあれ!

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2010年11日 マレーシア料理 こめんと0 とらっくばっく0

ワンタンミードライ 

私の料理の真骨頂である、レシピはないけど、作ってみよう企画!

これは遡るにうん十年前、私が小学校の頃、
福島は郡山市のサンバレーというイタリアンレストランで、
初めて食べたカルボナーラに感動し、家でレシピも見ずに作ってみた事から始まった。

それを美味しいと食べてくれた家族。ありがとう。
あれは紛れも無く、失敗作で超まずかったです。涙

それから、食べたことも無いタイ料理、ハイナン鶏飯だって
図書館で借りてきた海外紀行文に出てくる美味しそうな
海外の料理食べ歩きレポートを参考に週末に実験して作ったもんです。

懐かしいな~・・・。


さて、今回はマレーシアのワンタンミードライを意識して、卵麺で再現トライ!
なお、サイドに付くワンタンスープはありません。汗
悪しからず。。。

また、作り方は、アロー通りのランチで食べた板麺や、Lot10の地下で食べた
香港系の鶏のせ麺をヒントにしています。

☆ヒント
作り立てなのにぬるかった
→麺を茹でてから、すでに出来ている冷めたソースと絡めているだけ?
→ということは、麺を炒めながら味付けをしている訳ではなさそうだ。
→それに炒めたら出る「焼いた」感がまったく無かった
→ということは、すっごい簡単なプロセス!

CIMG1377_convert_20100924014944.jpg


<材料>

卵麺 ひとつ (小さく見えるが結構量がある、ひとつでMalaysiaのSサイズ)
小松菜 適量
それ以外のお好みのトッピング(Malaysiaでは叉焼薄切りが乗る)

ソース(以下を弱火フライパンで混ぜる)
オイスターソース 大さじ3
砂糖       小さじ1
しょうゆ     小さじ1
ごま油      大さじ1
香港風にしたい場合 五香粉(私は苦手)

<作り方>

麺を約2分茹でる。その際小松菜などの野菜も一緒に火を通しておく。
お湯を切って上記ソースを温めた鍋に投入し、よく絡める

お皿に麺、トッピングを合わせて出来上がり。
(こんなに簡単でいいのか!?)

<感想>

本当はマレーシアのおしょうゆを使ったりするのですが、無いので。
日本のしょうゆと違い、東南アジアで使われるしょうゆは中国タイプで
色が濃いけど塩分が薄い、または甘いものがほとんどです。

写真のように、結構色が薄い仕上がりに・・・。
本場はどんなに味が濃いんだ?というほど茶色くなってました。

自分で作ってみてわかるのは、結構油を大量に使っているだろう事。
このレシピですと、麺やソースのからみが若干パサついて感じると思います。

カロリーや、塩分を気にされない方は、油や、砂糖を
2倍にすると本場の味に近づくと思います。

味的には、あっさりしたインスタント焼きそばみたいな感じ?笑

あと何回か作ってみないとだめそうですけど、これはこれで美味しかったです。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
2010年24日 マレーシア料理 こめんと1 とらっくばっく0
  

プロフィール

かお ちゃん

Author:かお ちゃん
What you eat is who you are!

おいしく、ヘルシーな、エスニックレシピ満載です。
おいしいものをたくさん食べてHappyになりましょう!

Soul foodのレシピもあります!

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

Since Aug 6th 2011

検索フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。